ヤフオクを使って合法的に現金化をする方法2

小さくて青い綺麗な花

ヤフオクを使って合法的に現金を作る方法1
でお話したように、ヤフオクを普通に利用するだけで、クレジットカードのショッピング枠を現金化することが可能です。
では、ここからはちょっと高等テクニックの紹介です。

大手家電量販店のポイントを利用する

例えば、電化製品などをクレジットカードで買ってそれを出品した場合、最悪売れ残るというケースがあります。
そうなると、電化製品は手にはいりますが、ローンが残ります。
これではキツイですね。
そうならないためには、以下の手順を踏みましょう。

【1】電気店へ行き、旬の商品とその価格をメモする
【2】メモした金額と同額程度でヤフオクに出品する
【3】落札されたら商品を買いに行く(もちクレカ決済で)
【4】落札者に商品を郵送する
【5】1週間以内にヤフーから現金が振り込まれる
【6】クレカ&電気店のポイントがたまりまくる!

お気づきですか?
ビックカメラなどで、例えばパソコンを20万円で売っていたとすると、それを「19万円で即決」という風に出品してやるとすぐに落札されます。

一見1万円の損ですが、ビックポイントが最大で15%くらいつきます。
つまり20万円の買い物であれば3万円分のポイントが付くワケです。
結果的に2万円の得ですね。
実はコレは、有料の情報商材に書いてあった裏技です♪

おまけにクレジットカードのポイントも溜まります。
ダブルでポイントが溜まっていくところが、この裏技のミソです。
購入の際の決済はできれば「一回払い」にしましょう。
せっかくポイントがついても、利息がかかっては元も子もありません。

念のため言っておきますが、クレジットカードは一回払いであれば、利息も手数料もかかりません。
通帳にお金が入っていないという人でも、すぐにヤフーから落札額が満額振り込まれるので、心配いりません。

溜まったポイントを現金化する方法

さて、上記のことはお金が1円もなくても、クレジットカードのショッピング枠さえあれば誰にでもできます。
さて、ここからが本当の本番です。

ビックカメラとクレカのポイントを現金化しなきゃいけませんね。
そのままでいい、という人もいると思いますが、やはり現金に換えておいた方が何かと便利です。
まずはビックカメラですが一番オススメは、やはりSuicaチャージに変えることです。
詳しくは以下。

ビックポイントをSuica(電子マネー)へ交換:ビューカード
http://www.jreast.co.jp/card/first/bic/exchange.html

これについては、いろいろと調べましたが、やはりSuikaに変えるというのが、最も効率がいいようです。
Suikaに交換しておけば、切符はもちろん、コンビニやレストラン、タクシーなどでも使えますしね。
会社の経費をSuikaで購入して、それを現金で受取るということをすれば、見事に手数料ゼロで現金化することだってできます。
友達などの買い物を代行したりしてもいいですね。

もう1つ裏技を。
新幹線などの高額な切符をSuikaで買って、その場で呼び出しボタンで「間違えた」といえば現金で払い戻されるので、これまた手数料ゼロで現金化ができます。
ただし、Suikaのチャージ上限は現時点では20,000円までなので、大きなポイントを現金化したければ、Suikaを2枚以上持つ必要があります。

そんな手荒なマネはしたくないというという人は、JRの窓口でSuikaを返却してしまいましょう。
手数料210円取られますが残りの金額+500円(デポジット)は戻ってきます。
ただし、Suikaは作成の際には、身分証などいらずに偽名でもできますが、返却の際には、そこに記載してある名前と同じ身分証明書が必要になるので、予め本名で作成しておきましょう。

クレジットカードのポイントを換金する

NTTグループカードやP-oneカード、SBI系列のクレジットカードなどは、溜まったポイントをカード会社が換金してくれます。
しかし、こうしたカードを持っていないという人も多いでしょう。
そういう人は、以下サイトを使いましょう。
自分の持っているポイントを効率よく使えるルートを探してくれます。

■ポイ探
http://www.poitan.net/

■げん玉
http://www.gendama.jp/

しかしながら、クレジットカードのポイントというのは、ビックカメラなどと比べると微々たるもので、なかなかまとまった数字になりません。
だから、そこそこ溜まったら楽天やアマゾンのポイントに変えて、シャンプーとか飲み物とかの生活に必要なものを買ったりするのがいいと思います。