現金化の本当の還元率

湖面に咲いた赤の睡蓮

クレジットカードで買い物をしても「一括払い」を指定していれば、当然、手数料や金利は一切かかりません。
しかもそれでいて、年会費無料だったりします。

しかし、ここで1つの疑問が生じます。
「カード会社はいったいどこで利益を得ているのか?」
という疑問です。

実はこの答えは簡単で、カードの加盟店がカード会社に対し、利用額の3~7%ほどを「加盟店手数料」として支払っているのです。

例えば、あなたが1万円の品物を「一括払い」で購入したとすると、カード会社は、あなたから1万円、そしてお店から300~700円ほどを徴収できる仕組みになっています。

お店からしてみれば、もちろん現金で支払ってもらった方が得なワケですが、カードが一切使えないということになってくると、客足が遠のいてしまうので、最低でも、VISA・MASTER・JCBぐらいは使えるようになっているワケです。

もちろん、お店によっては、カード決済を極端に嫌うところもあります。
中には「手数料10%いただきます」なんていうところもありますよね。
ま、そういうお店はたいていあまり儲かっていないと相場が決まっていますが(笑)

還元率は、よくて85%くらい

上記の理由から、あまりに還元率を高くしてしまうと、クレジットカードのショッピング枠現金化業者の利益が出なくなってしまうということがわかります。

しかし最近は競争が過熱化しすぎて、どうしても「還元率95%!」などと宣伝しないとお客さんが集まらないという背景があります。

「還元率90%、女性のお客様はさらに5%アップ」
などと謳っている業者すら存在しますが、もしこれが本当だとすれば、女性客の還元率は95%になってしまいます。

しかし、実際に95%の還元率というのは利益を度外視したものになり、殆どボランティアのようになってしまいます。
それでは営業していけるハズがないのです。

つまり目安としては、
「宣伝している還元率より5~10%ほど低め」
くらいに思っておいた方が無難です。

もちろん、正当な表示をしているところもあると思いますが、あまりに期待しすぎると、あとでガッカリするので、それぐらいに思っておいた方がいいと個人的には思います。
ただし、複数回利用していると、だんだんと換金率を高くしてくれる業者さんもいます。