なぜ、違法性がないの?

とっても綺麗な黄色のマーガレット

なぜクレジットカード現金化が違法でないのかというと、業者が「キャッシュバック」という形でお金を渡しているからです。

つまり、大手の家電量販店などが行っているポイントバックやキャッシュバックなどと呼ばれる手法とまったく同じやり方で現金化・換金化を行っているのです。

もし、クレジットカード現金化が違法というならば、大手家電量販店のシステムも全て違法ということになってしまいます。
今後、法律がどう変わるかまでは私にはわかりませんが、現段階では完全に合法ということになります。

日本の法律では規制できない

■VISAカード
■マスターカード
■アメリカン・エキスプレス
■ダイナースクラブ

これらの大手カード会社というのは皆、海外に拠点を置く会社です。
日本発というのは、大手ではJCBくらいです。

つまり、日本の法律の手の届かないところにいる存在な訳です。
インターネットの規制ができないように、クレジットカードの規制というのも、日本という国の一存ではどうにもしようがないところがあるのです。

もっといえば、上記の4社は全てアメリカに拠点を置く企業です。
日本はアメリカに強くモノ申せないですから、クレカの現金化はこれらもずっと合法であると予想できるわけです。

ピンチになって気付くこともある

何人かの金融ジャーナリストやファイナンシャルプランナーは、「クレジットカードのショッピング枠の現金化は危険だ」などと警笛を鳴らしていますが、そんなのは私から言わせれば「金持ちのたわごと」にすぎません。

お金に余裕があるからそういうことを言えるワケであって、イザ自分が金銭的なピンチに立たされた時は、そんな悠長なことは言ってられないハズなのです。

「お金より大事なものがある」
「ご利用は計画的に」
などと言うのは簡単です。

しかし、計画的にいかないのが人生というもの。
いい時もあれば、悪い時もあります。

お金より大事なものも確かにあるかもしれませんが、お金がなければはじまらない事の方が圧倒的に多いと私は思います。
私が女だからそう思うのかもしれませんが、愛にだってお金は必要です。

このサイトに訪れた方達は今、ピンチにあるかもしれませんが、ピンチの後にはチャンスありです。
そしてピンチにならなければ、気付かないこともたくさんあります。
実際に私がそうでした。
是非、今の状況をプラスに変えていただきたいと思います。
おせじではなく、本心からそう思います。