クレカの現金化とは?

綺麗な紫の花びら

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、文字通り、クレジットカードのショッピング枠をお金にするということです。

仕組みとしては、カードのショッピング枠で、業者が指定するキャッシュバック付の商品を購入することで、あなたの口座に現金が振り込まれるというものです。
来店してもできますが、殆どは来店不要です。

何か違法な物を購入するとか、クレジットカードそのものを売って利益にするとか、間違った認識をしている人も多いのですが、すべては合法的に行われることです。

カード会社には「あなたが、どこそこで買い物をした」という情報しか伝わりませんから、 殆どノーリスクで現金を手にすることができます。

とはいえ私は、現金化を推奨しているワケではありません。
やはり社会的に考えても、良いことだという認識はありません。

「止めた方がいい」「考え直した方がいい」 という意見は正論だと思います。
しかし実際問題、お金がなければどうしようもない状況があるということも身に染みてわかっています。
だからこそ、色々言います。

実は難しいセルフ現金化

クレジットカードの現金化を自分で行うと、実はけっこう高い確率で失敗します。
失敗というのは、カードが利用停止になるということです。

例えば、換金性の高いギフト券などを購入して、金券ショップに持っていけば、1人でも現金化ができると思いがちですが、これがなかなか難しいのです。

カード会社がなぜ、そんなに換金に目くじらを立てるのかはわかりませんが、とにかく換金目的の買い物には常に目を光らせています。
買った瞬間に電話がかかってきたりするのでやっかいです。

「換金目的で買い物をしましたか?」
「ギフト券のコピーをFAXしてください」

などと言われてしまうのです。
確かに個人が万単位のギフト券を買うなどというのは、どう考えても不自然です。

換金目的で買い物したことがバレると、すぐにカードが利用停止になってしまいます。
1つのカードが利用停止になると、当然その信用情報は、他社金融機関も見ることができますから、どこの金融機関や信販会社に申し込んでも審査が通らなくなってしまいます。
いわゆるブラックです。

もちろん、クレジットカード現金化業者はこの点を熟知しています。
元々、カード会社で働いていた人間が経営しているところも多いので、そのあたりのノウハウや見るべきポイントはおさえているのです。

ショッピング枠を現金化することのメリットとは?

ショッピング枠の現金化は、損だと考えている人がいますが、実際はそうではなく、むしろ得になる場合もあります。
実際に何度も利用している私がそうでした。

なぜ得になるのかというと、ショッピング枠の金利というのは、キャッシング枠よりも「5%ほど低く」設定されていることが多いからです。
最初に多少の手数料を払ったとしても、長い目で見れば得になることが多いのです。
実際に計算をしてみました。

■キャッシング枠の場合
100万円を15%の金利で5年間借りた場合の総返済額→1,427,400円
■ショッピング枠の場合
100万円を10%の金利で5年間借りた場合の総返済額→1,274,880円

その差152,520円。
つまり、ショッピング枠を使ってその分を返済していった方が、支払い総額は安くなるわけです。